2009年09月13日

心の扉〜序章:閉ざされた心の扉



訪問ありがとうございます。
    ↓
人気Blogランキングへ


【心の扉〜序章:封印された記憶】からの続き



【パンドラの匣】の底に残った

儚げで今にも消えそうな

それでいて、何故か心を捉えて放さない

光(記憶)の正体を知る手立てはないか?と

暗闇の中、注意深く眼を凝らしてみた。


果てしなく広がるかと思われる闇の先に眼を向けると

何やら、不可思議な扉状の造形物が

宙空に浮かぶように存在するのが

ぼんやりと見て取れた。


僕は、その扉状の物を,もっとよく視ようと

近くに寄ってみた。

続きを読む


posted by 吟遊奇人 at 00:00 | Comment(0) | 心の扉〜序章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

心の扉〜序章:封印された記憶



訪問ありがとうございます。
    ↓
人気Blogランキングへ



【心の扉〜序章:永遠の孤独】からの続き



あれから、どれ位時が流れたのだろう・・・。


この閉ざされた闇の中にいる僕には、

もう、どうでも良いはずなのに・・・。


ふと、そんな事を思った自分が可笑しくて

苦笑しながら、静かに瞼を開けてみる。


周りは相変わらずの闇と沈黙に包まれ

見渡す限り目に映るものは何も無い。


そっと溜め息をつき、再び瞼を閉じようとした、その時

遠くで微かな光が瞬くのが眼に入った。


あの光は何だろう?


そう思い光の方角に眼を凝らしてみる。

続きを読む
posted by 吟遊奇人 at 00:00 | Comment(0) | 心の扉〜序章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

心の扉〜序章:永遠の孤独



訪問ありがとうございます。
    ↓
人気Blogランキングへ



此処は一体何処なんだろう・・・?


僕は一体何時から此処に居るんだろうか?


沈黙と暗闇の閉ざされた空間。


暗渠の底に浮かぶ、今にも沈みそうな小舟に身を任せ

外界からも、時の流れからさえも隔絶され

唯、漂う・・・。


何処からか差し込む僅かな光と遠い喧噪。


虚ろな心に反応するかのように

淀んだ水面が時折見せる微かな揺らめき。


他には何も無い、静かで穏やかな空間。

続きを読む
posted by 吟遊奇人 at 00:00 | Comment(0) | 心の扉〜序章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。